かるかる♠︎ブログ

筋トレ&減量によるボディメイク記録

国乱れて忠臣あらわる,機会ありてアセクシュアルあらわる

Mar 12, 2022: Flexibility, 16:24, 79.15 kg

  1. Yoga: 16:24

今朝は16分ヨガを行いました. 今朝は土曜日にもかかわらずちょっとした用事がありました. なのに土曜日ということで遅めの起床となってしまいました. 慌てて布団から跳ね起きたものの,何も期待しないわけにもいかないのが私の身体. Nike Training Club収録の16分ヨガに取り組みました.

明日は胸,明後日は脚を鍛えようと思います.


アセクシュアルについてのネタ探しについてはTwitterを頼ることが多いです. で,Twitterで話題となるのはフィクションでアセクシュアルが取り上げられた時が多いです. 最近でもとあるドラマや漫画でアセクシュアルが取り上げられたとかで,やたらそのことに関するTweetが多くなります.

ただし,私はフィクションでアセクシュアルが取り上げられることに全く興味をもてません. なぜか?全く期待していないからです. その辺のことについては以前のブログ記事にて書いたことがあります.

cardamine-scu.hatenablog.com

この記事では別の観点から述べたいと思います. すなわちこの記事のタイトルです.

国が順調に発展していれば忠臣などあらわれません. なぜならば国に逆らうことが損だから,ある程度の知力があれば逆臣とならないからです. よって,忠臣があらわれるのは不幸なことであろうと言えます.

同様に恋愛やら性愛やらが必要となる機会がなければ,アセクシュアルやらアロマンティックやらは分かりません. アセクシュアルやらアロマンティックであることは不幸では決してありません. これらが露わになることこそが世間との差轍により苦しみを生みます. 世間が受け入れる時代はいずれ来るかもしれませんが,少なくとも今ではありません.

現実がこのような状況であるならば,なぜフィクションでアセクシュアルやアロマンティックを見なければいけないのか? 私はアセクシュアルが露わにならないフィクションを望みたいですね.