かるのボディメイクブログ

筋トレ&減量によるボディメイク記録

性的指向が漂っている原因ってこれか?

昨日に書いた記事の続きになります.

cardamine-scu.hatenablog.com

性的指向Aセクシュアルよりになってきた原因が分からないと書きました. ところが,昨晩寝る前にふと有力な理由を思いつきました.

もしかして,減量に取り組む姿勢が先月までと今で異なるからでは?

2月から4月半ばまでは最重量時である81 kgから10 kg近く落とせており,相当ストイックに取り組めたと思います. ところが,先月下旬から限界にきたのか意思が弱っており,さらには今月から急に暑くなって夏バテ気味になってしまいました. まずは体調を整えることが先決とみなして,体重が2 kgリバウンドしてしまいました.

では,減量と性的指向がどのように関連するか? 私の場合,食欲を抑えるということは,三大欲求すべてを抑え込むことに強い相関があります.

さすがに睡眠欲を直接抑えるのは危険と考えていますが,減量が上手くいっているときには長く眠ろうとしても5時間くらいで目覚めてしまいます. ところが今朝の記事を見てもわかるように,今は6時間以上眠れています. すなわち,三大欲求の抑え込みに失敗しています.

性欲は直接抑え込んでも精神面はともかく健康面では大丈夫なはずですが,睡眠欲と同じく抑え込めていません. 食欲と性欲の相関はかなり強いと考えており,少なくとも今回は食欲の暴走が性欲に影響しちゃったのでしょうね.

自分で性欲をある程度みたせられれば*1,性的な意味で他人なんて気にならなくなるからAセクシュアルよりになる. 何とも間の抜けた結論ですがおそらく正しいでしょう.

なお,曲解する人間が出てくるかもしれないので,次の3つを強調しておきます.

この結論をもって,今後どう生きるか? 何も変わりません!

ボディメイクの充実に比べれば,性的指向の不安定さなんて取るに足りません. 除脂肪体重の増加&体脂肪量の減少は一生続ける覚悟ですが,おそらく上記のように性的指向はふらふらし続けるでしょう. それで構いませんし,その不安定さこそ私の個性だと思っています.

*1:減量期間中には性欲はあったものの皆無だった