かるのボディメイクブログ

筋トレ&減量によるボディメイク記録

ノンセクシュアルではなくVarioriented Ace

私は他人がノンセクシュアルを自認することに否定的ではありません. その人がノンセクシュアルを最もしっくりくるラベルだと思えば,そう自認すればいいでしょう.

ですが,私自身はノンセクシュアルを名乗る気に全くなれません. なぜか?自分の本当に伝えたいものが抜け落ちたラベルに思えるからです.

Wikipediaノンセクシュアルの定義を見ると「性的な惹かれを感じないが恋愛感情を持つ人」とあります. 他の定義でもまぁ似たようなものでしょう.

私の場合,恋愛感情は世間一般と比べてかなり弱いもののあり(デミロマンティック),性的な惹かれはゼロではないもののほぼ感じません. 一見ノンセクシュアルの定義で説明できる人に思えるかもしれません.

ですが,使いたくない理由が2つあります.

一つは,私は恋愛感情の有無よりも方向のズレをより重視しているからです.

ゼロではない性的な惹かれの方向性として,私にはジェンダー・ブラインドすなわち性別認識の欠如をという特徴があります. セクマイ自認前にはかなり困らされたものですが,今となってはAセクシュアルに次いで重視しています. なのに恋愛的指向はヘテロロマンティック…おそらく世間の異性愛規範による呪いでしょう. 恋愛感情の有無も問題ではあるものの,方向のズレの方がより大きな問題だと考えています.

もう一つは,私の苦しみが性的指向ではなく恋愛的指向にあると考えているからです.

ノンセクシュアルの定義から察せられるように,世間では性的な惹かれを感じないことは異常だが恋愛感情を持つことは正常と思われているのでしょう. ですが,私はそれに全く与しません. 恋愛感情こそが苦しみの源であり,性的な惹かれを感じないのは少数派であっても特に気にしなくていいことです. ノンセクシュアルという単語ではこの苦しみが全く伝わらないように思えます.

これらを踏まえると,Varioriented Aceというラベルはなかなか優れているように思えます. 前者はVariorientedという単語で完全にクリア. 後者はAceという単語で性的指向を決して卑屈に思っていないことを伝えているつもりです. もちろん,他人からはノンセクシュアルと同じと解釈されてしまうかもしれませんが,思いが全て伝わるわけではないので仕方がありません.

以上より,仮に恋愛的指向が問題になってくるときには,私はノンセクシュアルではなくVarioriented Aceを名乗ることにしています. ただし,特別な理由がない限り恋愛的指向にはあまり触れたくないので,ただのAセクシュアルですね.