かるのボディメイクブログ

筋トレや減量などボディメイクに関する記録を残しています

アセクシュアル自認して一カ月

前回記事の続きです.

cardamine-scu.hatenablog.com

Q アセクシュアル自認して一カ月で何か変わりましたか?

A リアルではカミングアウトしていないので変化はありません. 特に恐れているわけではありませんが,機会がないのに言い出すことでもないかな…と思っています. 一方,Webでははてなブログを含めた各種SNSでカミングアウトしましたが,こちらも特に変化はないですね. Web上には色んな人がいますからアセクシュアルくらいでは気にならないのでしょう.

Q では,この記事を書いたきっかけは?

A どうも私は狭義のアセクシュアルではなさそうなのです. 直近でのanone,での診断結果を2つ挙げてみます.

anone.me

anone.me

Q 下側の診断結果にあるパンセクシュアルとは?

A 性別を問わず性的対象になり得るという風にとらえています. バイセクシュアルが男女両方というのに対して,もっと広い感じですね.

Q 前回の記事にて,男性に対する性嫌悪が強いって書いてましたよね?

A アセクシュアル自認してから,男性に対する性嫌悪を克服しようと思っていました. それがロマンティックではなくセクシュアリティの揺れにつながったのは意外でした.

Q なんで克服しようと思ったの?

A ヘテロセクシュアル自認の頃には,男性に対する性嫌悪を利用しているところがありました. 「男性を嫌っているのだから,女性を好きになるのが当然」みたいな感じで. でも,アセクシュアル自認であれば,そんな偏見あるだけ邪魔ですよね. 性嫌悪はまだまだ残っていますが,徐々に消えていけばいいですね. まぁSHOWROOMにいる一部の男性配信者や視聴者なんかを見ていると,むしろ性嫌悪が増していく可能性もありそうですが.

Q ロマンティックの方はヘテロで変わっていないの?

A 実はanone,の診断結果でバイロマンティックが出たことはあります. 男性への性嫌悪をなくそうといういう思いが強いときには出るみたいですね. でも,ナチュラルな感情のときにはヘテロロマンティックだったので,恋愛傾向はあまり変化がなさそう. これまでにお付き合いしたのは全員女性ですし,男性とお付き合いするイメージは全然わかないですね.

Q アセクシュアルとパンセクシュアルって,ずいぶん振れ幅が大きいですよね?

A パンセクシュアルといってもデミセクシュアルなので,性的対象への興味なんてあってもほんのわずかだと思われます. セックスで興味があるのは生殖行為としてのみというのも,ホモセックスなんて死んでもしたくないというのもこれまで通りです. セックスを前提としないのであれば,性別なんて私にはどうでもいいことなのでしょうね.

Q 話をアセクシュアルに戻して,アセクシュアルの人って結構いるの?

A ウィキペディアですが,世界人口の1%くらいはアセクシュアルらしいとか. TwitterなどのSNS上でも検索したらTweetが数多く見つかりますし,このはてなブログでもアセクシュアルのブロガーを数名見かけました.

Q それなりの人数がいるのであれば,アセクシュアルの仲間ができそうですね!

A アセクシュアル自認して日が浅いので気持ちの整理ができていないのでしょうが,まだあまり仲間ができる感じはしません. 正直なところ,Twitter上では仲間意識よりも嫌悪感の方が強いです. 「#病み垢」とか「#メンヘラ」とか書いてるのは論外としても,出会い系と何が違うの?みたいな輩は多いですし,アセクシュアルに囚われすぎている論客や政治厨が多くて辟易します. リスペクトできる人間がたまたまアセクシュアルだった…というパターンならば共感できるし仲間になりたいですが,そういう方を私が見つけられる自信はないですね.

Q では,セクシャルマイノリティということでLGBTまで広げれば?

A アセクシュアル自認して日が浅いので気持ちの整理ができていないのでしょうが,まだあまり仲間ができる感じはしません. まず同性愛については異性愛と似たようなものという気持ちがありますね…特にGについては性嫌悪の対象でもありますし. Bはまだ自分の一面であるPに近いので,LやGよりは仲良くなれる可能性はあるかも? Tについては少し勉強しましたが,苦悩は理解できるもののやっぱりよく分からないですね…私が性別をどうでもいいと思っているからでしょうが.

Q そうですか…残念ですね.

A アセクシュアル自認前だって孤独だったのだから,特に事態は悪くなっていません. アセクシュアルを自認することで楽になったのは事実ですが,今はアセクシュアルにこだわりすぎない方が生きやすいと思っています. 私の好きな言葉に「反脆弱性」というのがありますが,アセクシュアル自認により私の反脆弱性は確実に向上したと思います. アセクシュアルを自認しつつこだわらずに生きることで不確実性を強さに変えられる…そんな気がしています.