かるのボディメイクブログ

筋トレ&減量によるボディメイク記録

性自認の捉え方の変化

Feb 7, 2021: Flexibility, 10:02

  1. Yoga: 10 mins

今朝はヨガに励みました. 昨晩は1時半ごろに就寝して,7時半ごろに起床. 身体中が筋肉痛で,特に腰が痛くてぐったりしていました. ヨガで身体をほぐしたものの,腰痛は消えず. 仕方がないので,今日はウォーキングでしのぎました.

明日こそ脚を鍛える予定です.


私の性自認について,先月に次の記事を書きました.

cardamine-scu.hatenablog.com

私は性自認に特筆するような揺らぎはないと思っています. よって,先月に付けたProxangiというラベルはそのまま使い続けるつもりです.

ただ,私自身は変わらないものの,捉え方は少し変わったように思ったので書いておきます.

以前は次のように捉えていました.

  • 無性が相当混じっている(無性:男性:女性=4:3:2くらい)
  • Aセクシュアルである私の示す男性や女性は世間からかなりズレている

後者については今でも同じで,だからこそProxangiは私にとってピッタリなラベルだと思っています.

一方,前者については変わりました. 私が男性寄りだというのは,自身の生誕において割り当てられたジェンダー(AGAB)からの思い込みにすぎないのでは?

ここで,性別二元論の世界で私を捉えてみましょう. この世界において,私のSOGIはシスジェンダー男性のヘテロセクシュアルだとずっと思っていました. ここで発想の転換. 私をトランス女性のレズビアンとみなした方が実態に近いのでは? 私はAGABと実際のジェンダーの差に苦しんでいないので,トランスジェンダーアイデンティティとはしません. ただ,私のSOGIを理解する上では魅力的な説明に思えます.

そして,性別二元論が虚構として崩れた世界. もはや私は自身のもつ男性が女性を上回っているとは思えなくなりました. かと言って女性が男性を上回っているとも思えないので,Androgyneという性自認は私にピッタリ.

現在の私は次のように捉えています.

  • 無性が相当混じっている(無性:男性:女性=3:2:2くらい)
  • Aセクシュアルである私の示す男性や女性は世間からかなりズレている

というわけで,私はProxangiなのです.