かるかる♠︎ブログ

筋トレ&減量によるボディメイク記録

Vtuberを観るようになって半年

私がVtuberに興味をもったきっかけは,いわゆる「潤羽るしあ・まふまふ騒動」です. あの訳のわからないスキャンダルが生じたのが今年の2月で,試しにホロライブを観てみたら面白くてハマってしまいました. それから他のVtuberグループに広がっていきましたが,5月中旬までには落ち着いてきました. そろそろ引き上げる頃合いかと思っていたら,5月後半に壱百満天原サロメが鮮烈なデビュー. Vtuberでは基本サロメ嬢の配信のみ観るようになり現在に至ります.

Vtuberの視聴を半年続けたので,自身の配信に対する選好が少しわかってきました. もちろん選好なんて変わっていくものですが,現時点での選好を記録しておくのも一興でしょう.

  • ライブ配信は基本一時間で終わるのが望ましく,延長した場合には30分が限界
  • Vtuberには徹底したエンタメ志向を望み,ASMRや上手い歌などは一切不要
  • ゲームではなくVtuberを観るために訪れているので,プレイ技術より個性で魅せてほしい
  • 案件配信はまれにハマる場合もあるが,基本つまらない
  • コラボは基本不要で,行うとすれば相当な準備が必要

最初の項目は元々Vtuberの配信を観る気になれない理由の一つでしたが,内容によっては長くても観る気になるのではとの思いはありました. それがサロメ嬢の長時間配信でさえあまり観る気になれないことで確信できました. 自身にとって短時間で終わることはとても重要であり,ちょっとやそっとの内容の良さでは覆せないですね.

二番目の項目は試しにASMR配信をいくつか聴いてみたものの眠れる気がせず,他の用途にも使えないことから自身には不要でした. サロメ嬢の朗読動画やローテーション配信も残念ながら同様でした. また,上手い歌を聴きたければミュージシャンの動画の方がはるかに適しているので,Vtuberに歌の上手さは求めていません. それよりも視聴者を盛り上げる方がはるかに重要で,サロメ嬢の初の歌配信はとても面白くて何度も再生しています.

三番目の項目ですが,以前はゲームをスムーズに進められる技術はそれなりに必要だと思っていました. ところが,サロメ嬢のリズム天国配信では苦戦するステージがあってなかなか進めないものの,視聴者の私は苦になりませんでした. その証拠に私は筋トレ中のBGMとして何度も再生しています. 逆に,絶体絶命お都市2配信は動画投稿のためゲーム進行において無駄なシーンをカットしていますが,サロメ嬢の時折混ぜる雑談なども少なめ. よって,このシリーズの動画は一度観たらもういいかなと思ってしまいます. まとめると,私はゲームではなくサロメ嬢を観るために訪れているということなのでしょう.

四番目の項目ですが,案件配信は基本的につまらない傾向があるとの評価は知っていました. 一方サロメ嬢はDbDおよびミリシタで盛り上がる案件配信をこなしていたので,Vtuberによっては例外もあるのかと思いました. ところが,直近の案件配信ではケノン,Google Play共に評判はイマイチであり,サロメ嬢でも例外ではなかった模様. どちらもサロメ嬢にはどうしようもない要因でつまらなくなったと私は思っていますが,それこそが案件ならではの問題なのでしょう *1

最後の項目ですが,これはコラボの能力の問題ではありません. サロメ嬢がコラボを行える能力は昨日のGoogle Play案件配信で示されましたが,私は今後コラボ配信を特に希望しません. 私はコラボ配信をお祭りのようなものだと思っており,たまに行われるのであれば興味が出てきます. ところが,オンラインでのコラボは簡単にできるためか,Vtuberにはコラボ配信が多すぎるように思われます. コラボ配信が面白ければ良いものの,ダラダラ喋っているだけなど私にとってつまらない内容が殆どです. おそらくコラボ配信は一人で配信するよりも多くの準備が必要でしょうし,その労力が見合わないと思えば無理にコラボなんて不要です.

*1:逆にいえば,前者2つの案件はサロメ嬢が全面的にどうにかできたため上手くいったと言えそうです.