かるのボディメイクブログ

筋トレ&減量によるボディメイク記録

セクシュアリティの分類は意味をなさない

Aug 23, 2021: Flexibility, 10:02, 72.90 kg

  1. Yoga: 10 mins

今日は予定通り筋トレをお休みしました. 筋肉だけでなく腰などの関節も痛いので,適切な休養だと思います. 10分ヨガで身体をほぐしてしっかり眠れば明日からまた鍛えられるでしょう.

明日は背中,明後日は胸とローテーターカフを鍛えていきます.


一昨日書いた記事を補足したくなりました.

cardamine-scu.hatenablog.com

上記では性自認についてあっさり書いていますが,もう少しだけ書いておきます.

Aセクシュアルの私にとって,シスジェンダー男性は決して適切な性自認ではありません. 自身のセクシュアリティについて考えるようになったのは1年半ほど前からですが,男性であることの生きにくさはずっと前から実感していました.

では,トランスジェンダーなのかというと,そうも思いません. 女性になったところで生きにくさが解消されるとはとても思えません…むしろ余計な厄介ごとを負うことになりそうです.

Xジェンダーは?これもピンときません. 以前は中性的なジェンダーが適しているのではと思っていましたが,あくまでも性表現の話. 性自認が中性であることでパズルのピースが埋まる感じはしません. 無性もピンときませんし,両性や不定性に至ってはそうかもと思ったことすらありません.

結局のところ,私の性自認について一番適していそうなのは「Aセクシュアル」なのですね. こういう人のために,Acegenderというラベルがあります. 4月時点の私はこれで性自認が見つかったと思っていました.

cardamine-scu.hatenablog.com

今の私は性的指向性自認という分類自体に疑問をもっています. 他の人々には有用であったとしても,これらの分類は私にとって意味をなさないのでは? Acegenderよりもしっくりくるので,これらは一括りで扱うことにします.

同様に,私にとって性的指向と恋愛的指向という分類も意味をなさないと思っています. 私にとってこれらを分割せずにまとめて「Aセクシュアル」とする方がしっくりきます. 詳細については一昨日の記事で書きました.

この記事のタイトルはポモセクシュアルの定義からとっていますが,私のセクシュアリティを表すのにとてもしっくりきますね. 私にとって間違いなくAセクシュアル,パンセクシュアルに続く第3の性的指向ですね.