かるかるブログ

筋トレ&減量によるボディメイク記録

Variorientedと素敵指向

前記事に続いて恋愛的指向について書いてみます.

セクマイ自認して半年になりますが,精神的に大幅に楽になりました. 性自認については元々重視していませんでしたが,私の性的指向が分かって本当に良かったです. 今の苦しみはただ一つ,恋愛的指向です.

cardamine-scu.hatenablog.com

ただし,デミとはいえヘテロロマンティックであることは社会的多数派に属することを意味します. 「異性愛特権」というおこぼれにあずかれている立場は,それ単体でみれば苦しいわけがない. 何が苦しいのかをより正確にいうと,恋愛的指向と性的指向の不一致です. 英語では「Varioriented」または「Cross-oriented」というそうです.

lgbta.wikia.org

半年前までの私はヘテロセクシュアル自認でした. これは性的指向を恋愛的指向に合わせることを意味します. その結果は,まぁ現時点で良かったとはとても言えませんね.

セクマイ自認により別のアプローチをとることが可能になりました. すなわち,恋愛的指向を性的指向に合わせればいいのでは? ただし,セクマイ自認して半年経ったのに恋愛的指向は変わる気配すらありません. 社会規範によって与えられた恋愛的呪いは一生解けそうにない…もう腹をくくりましょう.

発想を転換してみる. 恋愛的指向がダメならば,それに代わる性的指向とフィットするものを使えばいいのでは?

私には人を素敵と思える感情があります. この感情は性的指向と同じく性別を考慮しませんし,私自身が好ましい感情だととらえています. これを「素敵指向」と名付けて,恋愛的指向の代わりに育てていけばいいのでは?

素敵指向は一種のQueerplatonicなのかもしれません. でも,今のところ素敵指向という名前を使っていたいのです.