かるかるブログ

筋トレ&減量によるボディメイク記録

ある意味Aロマンティック

恋愛的指向についてのブログ記事はあまり書く気がしません. どう考えても社会規範によって押し付けられたものであり,暗い記事になってしまうからです.

cardamine-scu.hatenablog.com

恋愛的指向についても,あまり暗くならないように変な記事を書いておきたい! ということで,ちょっとした思考実験みたいな内容をば.

ジェンダーは多様ですが,ここではシスジェンダーのみを対象とした恋愛および性愛について.

私の恋愛的指向はデミヘテロロマンティックです. よって,シスジェンダー女性は恋愛対象となります. 一方,私の性的指向Aセクシュアルで,厳密ではないものの性愛はほぼないと言い切れるレベルです. 恋愛対象に対してキスやスキンシップくらいはしたいと思わなくもないのですが,セックスはもちろん空想しての自慰行為もする気がしません. よって,私はAlloロマンティック・Aセクシュアル和製英語でいうところのノンセクシュアル*1です.

では,シスジェンダー男性に対しては? 私は男性を恋愛対象として見たことはたぶんありません…少なくとも記憶にはないですね. では,性愛は…というと,実はあるのですね!記憶にあるだけで2人も*2. もちろんセックスしたいとかではなく,上述したシスジェンダー女性と同じような感じですが. よって,私はAロマンティック・Alloセクシュアルとも言えてしまいます…単にAロマンティックということも多いみたいですね.

以上をまとめると,私の惹かれの強弱について次式が成り立つのですね.

社会規範が要求する異性への恋愛的&性的惹かれ
> 私のシスジェンダー女性に対する恋愛的惹かれ
>> 私のシスジェンダー女性に対する性愛的惹かれ
= 私のシスジェンダー男性に対する性愛的惹かれ
> 私のシスジェンダー男性に対する恋愛的惹かれ
≒ 0

以上,私は性的にとてもややこしい人間のようですが,良いこともあります. AセクシュアルとAロマンティックはAceとして一つの枠組みで語られ,たいていAセクシュアルの方が多数派となります. よって,AロマンティックだがAセクシュアルでない方は,疎外されることも多いようですね. でも,私はたぶんそうしないと思います…ある意味私もAロマンティックなのですから.

*1:個人的にはあまり使いたくない単語です

*2:いずれもヘテロセクシュアル自認だった頃なので,心の中で慌てて打ち消しましたが