かるのボディメイクブログ

筋トレ&減量によるボディメイク記録

ヘテロロマンティックという呪い(追記あり)

追記:この記事のアクセス数が伸びてきたので,補足しておきます. 現在の私はヘテロロマンティック自認していません. 私は性的指向と恋愛的指向とのズレに苦しんできましたが,恋愛感情を性的嗜好すなわちpreferenceとみなすことで楽になりました. 詳しくは次の記事をご覧ください.

cardamine-scu.hatenablog.com


私の性的指向Aセクシュアルです. 今年の2月末にようやく分かったことで,セクマイである不安よりも自分が何者かを知った安堵の方が大きいです.

それからLGBTについていろいろ調べて,SOGIの概念を知りました. 性自認(GI)について,私にはXジェンダーやデミボーイという概念がしっくりきます. 性的指向(SO)についてもより調べることで,Aセクシュアルスペクトラムの中でもOmniacepomoと呼ばれるピッタリなラベルがあることが分かりました.

cardamine-scu.hatenablog.com

私自身をシスジェンダーかつヘテロセクシュアルだとみなすと,何かがおかしいと思っていたことがいくつもありました. 自身のSOGIを見つめなおすことでスッキリ解決したので,上記の結果にはとても納得しています…ある一点を除いて.

なぜ私の恋愛的指向はヘテロロマンティックなのか?

私は過去にゲイと間違われた経験があります…それも何度も. これまで一貫してヘテロセクシュアル自認だったので何かの冗談かと思っていましたが,一遍の真実が含まれているのでは? すなわち,根本的なところで恋愛対象が女性ではないのを見抜いていたのでは?

私自身は現在の恋愛的指向を社会的要請により作られたもの…よりしっくりくる言葉でいうと呪いだと思っています. そして,性的指向があっさり解けたのと異なり,恋愛的指向はかなり強い呪いだと思っています.

男性に対して恋愛感情を持たないのは,これまでは過去にホモ痴漢に遭ったというのを理由にしていました. ですが,ヘテロセクシュアル自認を捨てた今では疑問に思っています. ホモを嫌う理由にはなり得ますが,同性全体を嫌う理由としてはあまりに弱いのでは?

私はヘテロセクシュアル男性の恋愛対象に対してがっつくあり様をはっきり嫌っています. 同様にヘテロセクシュアル女性のいわゆる愛され願望っていうんですかね?ああいうのも嫌っています.

私は恋愛的指向も性的指向と同様に,本来はOmniaropomoだったのではと思っています.

  • Omni:恋愛にジェンダーなんてどうでもいい(ホモもヘテロも何か違うと思う理由?)
  • Aro:恋愛感情がないかあっても相当弱い(私は明確にデミロマンティックです)
  • Pomo:恋愛的指向があったりなかったりフラフラしている(恋愛感情の起伏が結構ある)

覚醒していた3月と比べて,今は明らかに恋愛感情が弱い…というか特にありません. よって,今すぐは問題ないものの,これから恋愛感情が芽生えたときにはどうするつもりなのでしょうか? この感情が本当の恋愛なのか呪いから生じたものなのか,私に区別がつくのでしょうか? これまでの女性に対する恋愛感情は本物だったのでしょうか? さすがに全くの偽物だったとまでは思っていませんが….

ヘテロロマンティックという呪いはいつ解けるのか? 今すぐ解ける可能性はゼロではないものの,一生解けない可能性の方が高そうな気がします. 私はどうしたらいいのか…まだよく分からないですね.